沿革

西暦(和暦)出来事
1933年(昭和8年) 花山直康氏が現在の港区麻布十番2-3に花山ゲーム研究所として創業
ダイヤモンドゲーム、プーレー(コリントゲーム)等の室内遊戯玩具を発売
1935年(昭和10年) 影絵パズル「ラッキーパズル」を発売
1939年(昭和14年) 「家庭盤」を発売(内容はダイヤモンドゲーム、コピットゲーム、ルード、名探偵ゲーム等)
1952年(昭和27年) 戦後、株式会社はなやま商店を設立し、再スタート
1953年(昭和28年) 「バンカース」を発売
1961年(昭和36年) 株式会社はなやま、はなやま知育玩具株式会社に改組
1967年(昭和42年) 社団法人日本玩具国際見本市協会に加入
1972年(昭和47年) はなやま玩具株式会社へ改組、社屋と工場を千葉県市川市奉免町に移転
小林邦巖氏社長に就任
1975年(昭和50年) 「カルテット」「大富豪」を発売
1978年(昭和53年) 日本初の国産ビンゴゲームマシン、ビンゴカードを製造販売
1980年(昭和55年) 「ポータブル」シリーズ発売
1981年(昭和56年) 「クインテット」発売
1983年(昭和58年) 「キャストパズル」シリーズ発売
1988年(平成63年) トイリーダーズ会に加入
1990年(平成2年) 「ままごとサクサク」シリーズ発売
1991年(平成3年) 関西営業所を開設
1993年(平成5年) コンピュータービンゴが「特許庁長官奨励賞」を受賞
1994年(平成6年) 市川税務署より優良申告法人の表敬状を授与される
2000年(平成12年) 「ダブルクインテット」発売
2002年(平成14年) 「キャストパズル」シリーズが年間120万個販売達成
社団法人日本玩具協会に加入
2003年(平成15年) 「STAY ALIVE!サバイバルゲーム」を発売
「キャストパズル」シリーズが年間130万個販売達成(販売累計350万個販売になる)
2004年(平成16年) 株式会社ハナヤマに改組
香港事務所を開設
「スピンスタジアム」発売
米国Thinkfun社と提携、「シンクファン」シリーズを発売
2005年(平成17年) 「ゲームロボット」を復刻発売
2006年(平成18年) 「明治チョコレートパズル」シリーズを発売
香港現地法人HIT (HANAYAMA INTERNATIONAL TRADING)を設立
「くるりんパニック」を発売
2007年(平成19年) 「明治お菓子パズル」シリーズを発売
2008年(平成20年) 東京玩具人形問屋協同組合に加入
小林邦広氏が社長に就任
2009年(平成21年) 「クインテット」シリーズを「ゲームスタジアム」シリーズへリニューアル
「本格」シリーズを発売
「クリスタルギャラリー」シリーズを発売
2010年(平成22年) 「ガリガリ君パズル」シリーズを発売
ISO9001品質マネジメントシステム認証を取得
2011年(平成23年) 「お菓子なパズル」シリーズ、「ブチフレンズ」シリーズを発売
2012年(平成24年) 本社を東京都千代田区神田佐久間町1-25に移転
「ミッキーマウス チクタクタウン」を発売
2013年(平成25年) 「コーネル」発売
「ゲームロボット50」発売
2014年(平成26年) 「ファンルーム」発売
2016年(平成28年) 「キャストパズル」シリーズを「はずる」シリーズに改名

疑問、質問、お気軽にお伝えください!

ハナヤマはお客様一人一人と真摯に向き合い、よりよい企業に成長し、「楽しい!」を常に創造したいと願っています。疑問質問などやハナヤマ商品の感想などなど、社内メンバー一同お待ちしています!

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-910-922(通話料無料)

  • 携帯電話 ・PHS・一部のIP電話からは:047-337-2215(通話料有料)
  • 受付時間:月曜日から金曜日(祝祭日を除く) 10時~12時/13時~17時